青汁と腸内フローラの関係は?青汁が腸に良い理由について

青汁にはダイエット効果や便秘解消効果が期待できます。
こういった効果は、青汁に含まれる食物繊維によるものですが、もっと厳密にいうと腸内フローラが関係しています。
腸内フローラとはなんなのか、腸内フローラと青汁にどんな関係があるのかを知っておくと、青汁を摂取する意識も高まっていくでしょう。

 

腸内フローラとは

 

腸内にはたくさんの細菌が存在している、というのはよく知られていますが、その数は約100兆個にのぼります。
特に小腸から大腸にかけては多くの細菌が住んでいて、それぞれの細菌が種類ごとに集まって腸壁を埋め尽くすように張り付いています。
細菌の種類によって大きさや形は異なりますが、細菌が集まって形成されている形は花によく似ています。
そのため、腸管に存在している細菌の形成状態のことを腸内フローラ(お花畑)という名前がついているのですね。
腸内フローラは善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種で作られていて、正常であれば善玉菌フローラが悪玉菌フローラを抑えています。
しかし環境が悪化すると、バランスが崩れて悪玉菌フローラが群生してしまうため、便秘や下痢などのトラブルを引き起こすのです。

 

青汁と腸内フローラ

 

青汁に含まれる食物繊維は、便に水分を取り込んで柔らかくしたり、便の重量を増加させて腸を刺激し蠕動運動を活性化します。
これらの働きで便秘解消効果が期待できるのですが、もう一つ、善玉菌の餌になるという働きも持っています。
現代人は食物繊維が不足しているため、善玉菌が減少して悪玉菌が増えやすい腸内環境になっています。
青汁で食物繊維不足を補えば、善玉菌フローラが活性化するので悪玉菌フローラを抑制する力が復活します。
つまり青汁には腸内フローラのバランスを整える効果が期待できるのですね。

 

腸内環境を整える重要性

 

腸内環境が悪化すると、便秘や下痢などの症状が起こるのは有名ですね。
ですが、それだけではなく免疫力が低下して病気になりやすくなったり、大腸がんのリスクが高まるのです。
腸には、体内に存在する免疫細胞の60%が存在しているので、悪玉菌フローラが優勢になると免疫細胞の機能が低下します。
また便秘などで老廃物が溜まって有毒ガスが発生すると、その影響でがん細胞が生まれてしまうこともあります。
このように、腸内環境は体を守る働きを持っているため、青汁でしっかい環境を整える必要があるのです。

 

腸内フローラを構成する細菌は人によって異なり、健康な人は善玉フローラが多いと言われています。
健康な生活を心がけていても体調不良やすっきりしない状態が続く方は、善玉フローラの割合が少ない可能性があるので青汁で活性化してみるといいですね。