青汁の抗酸化作用がすごい!アンチエイジングに良い理由

アンチエイジングは、美白に並んで女性が求めるスキンケア効果の一つになっています。
また、健康な体を維持する上でも、アンチエイジングというのは欠かせません。
いつまでも若々しくいたい、健康で元気でいたいというのは誰でも願っていることですね。
青汁には、男女問わず求められるアンチエイジングを叶えてくれる抗酸化成分がたくさん含まれています。

 

抗酸化作用とは

 

人間の体内には活性酸素という物質が存在しています。
活性酸素は名前の通り酸素が活性化したもので、呼吸をしたときに取り込む酸素の一部が変性することで発生します。
活性酸素には、外部のダメージやウイルスなどの侵入から体を守るという重要な働きを持っています。
しかし大量に増えてしまうと、正常な細胞まで攻撃して酸化させ、細胞の機能を低下させたり破壊したりするのです。
人間はすべて細胞から構成されているので、活性酸素によって細胞が酸化した部分は劣化して老化します。
抗酸化作用というのは、抗酸化成分によって活性酸素を無害化する作用です。
つまり、余分に発生した活性酸素を取り除くことで細胞の酸化を防いでくれるので、老化をストップさせるアンチエイジングにつながるのですね。

 

青汁の抗酸化作用

 

抗酸化作用を持つ成分は、ビタミンCやビタミンE、そしてSOD酵素(スーパーオキシドジスムターゼ酵素)などがあります。
こういった成分は野菜や果物に多く含まれていますが、残念ながら熱に弱いという性質があります。
そのため、加熱調理をした時点で抗酸化作用が低下してしまうので、食材からは十分に摂取できません。
青汁は、商品によって加工処理方法が異なるものの、ほとんどは成分を残せるように加熱処理を最小限に抑えています。
ですので食材からは取りにくい抗酸化成分をしっかり摂取できるので、活性酸素を取り除いてアンチエイジングに効果を発揮してくれるのです。

 

血行促進で抗酸化作用を高めてくれる

 

青汁に含まれる成分は、腸内環境を改善したり血液をサラサラにする効果があります。
これらの効果によって血行が促進されると、新陳代謝が活性化するので消化吸収の働きも活発になります。
どんなに抗酸化作用に優れた栄養を取り込んでも、体に吸収されなければアンチエイジング効果は得られません。
青汁の原料となる野菜には、血行を改善してくれる栄養素がたっぷり含まれていますから、抗酸化成分の吸収率も高めることができるのですね。

 

青汁にはたくさんの野菜が原料として使われているので、あらゆる抗酸化成分を手軽に摂取できますから、アンチエイジングには是非青汁も取り入れていきましょう。