青汁が苦手な人でも大丈夫なおいしい飲み方とは?青汁レシピ

野菜不足が気になる、健康のために青汁を飲みたい、でも青汁の苦みや癖が苦手という方もいるでしょう。
青野菜の苦味があるといっても、昔と比べればはるかに飲みやすくなっていますし、商品によっては甘味があっておいしい青汁もあります。
それでも、青野菜の風味はゼロではありませんから、苦手な人にとっては飲みにくいですね。
ですがちょっとした工夫でおいしくなりますし、レシピによってはプラスαの効果も得られるので、是非試してみてください。

 

抹茶ミルクの風味を楽しむ

 

おいしく飲めるもっともスタンダードな方法は、牛乳もしくは豆乳で割るという飲み方です。
青汁は商品によって微妙に味が異なりますが、青野菜の苦味は抹茶とよく似ています。
ですので、牛乳や豆乳で割ると苦味が和らいで抹茶ミルクの風味になります。
牛乳で割ればカルシウムや良質なタンパク質も摂れますし、豆乳なら植物性タンパク質や葉酸、鉄分なども一緒に摂取できます。
この飲み方は、おいしいだけではなく青汁の栄養価をさらにアップさせてくれるので、一番おすすめです。
ちなみにきなこを混ぜると、甘味がプラスされてさらに飲みやすくなる上に美容にも効果があるので、肌トラブルが気になる方はきなこを加えてみましょう。

 

牛乳は苦手という方には

 

牛乳や豆乳は好きじゃない、もったりするから嫌という方はフルーツとブレンドしてみましょう。
手軽に飲むなら、フルーツジュースがいいですね。
フレーバーは何でも良いので、甘いのが好きならピーチやりんご、すっきり飲みたいならグレープフルーツやオレンジで割ってみてください。
人工甘味料や添加物が入っていないジュースであれば、フルーツのビタミンも摂取できるので美肌効果もアップします。
もっとヘルシーにという方は、水に溶かした青汁に果物の絞り汁を入れるのがおすすめです。

 

食べるレシピなら青汁感ゼロに

 

どんな飲み物で割っても、青汁の苦味を感じるという方はヨーグルトに混ぜてしまいましょう。
ヨーグルトの酸味が苦味を緩和してくれるので、青汁感をまったく感じません。
アロエやフルーツが入ったヨーグルトなら甘味も強いですから、苦味も癖もなくなります。
ヨーグルトに混ぜて食べれば乳酸菌もたっぷり摂取できるので、青汁の食物繊維との相乗効果で腸内環境を改善したり便秘を解消する効果も期待できます。

 

このように、青汁はいろいろな飲み物に合わせられるので、苦手な人でもおいしく飲めるのが魅力でもあります。
ただし熱を加えると栄養素が破壊されてしまうため、温かい飲み物や食べ物と合わせるのは避けてください。