青汁を飲む理想のタイミングは?効果を最大に引き出す飲み方

青汁は栄養補助食品ですから、基本的に飲み方に決まりはありません。
しかし、たっぷり入った栄養素を効率よく摂取するには、飲むタイミングが重要です。
青汁が持つ効果というのは、栄養素の吸収率や栄養が働きやすいタイミングで摂ることで得られるので、理想のタイミングや目的に合った飲み方を覚えておきましょう。

 

青汁を飲む理想のタイミング

 

青汁を摂取する場合、明確な目的をもって飲む方もいれば、健康維持や栄養補給のために飲むという方もいるでしょう。
もしこれといった目的がなく飲むのであれば、朝一番の飲むのがベストです。
人間というのは寝ている間もエネルギーを使っていますから、目覚めたばかりの体は栄養を吸収しやすくなっています。
つまり青汁に含まれる栄養が吸収されやすい状態なので、起きたらすぐに飲むのが理想的です。
ただし、空腹の状態で冷たいものを入れるとお腹が下ってしまうことがあるので、常温で飲むのがおすすめです。

 

便秘解消に効果的な飲み方

 

青汁の効果の中でも、もっとも実感しやすいのが便秘解消効果や腸内環境を整える効果です。
便をスムーズに排出することで、血行促進や生活習慣病予防、体調不良の改善、美肌などの効果が得られます。
この効果を最大限に引き出すには、牛乳や豆乳に混ぜて飲むというのが最適です。
牛乳や豆乳に含まれる成分との相乗効果で便の排出が促進されますし、食物繊維が腸内に残った不要物を掃除してくれます。
ちなみに、消化活動が活発に行われる睡眠前に飲むと、より一層効果が高まるので、寝る前に飲むといいですね。

 

ダイエット効果を得るには

 

ダイエットサポートのために飲む、という方は食前に飲みましょう。
青汁にはたくさんの食物繊維が含まれています。
食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにする効果があり、肥満ホルモンと言われるインスリンの分泌を抑制します。
また、食前に食物繊維を摂ると脂肪や糖質の吸収も抑えられますし、満腹中枢が刺激されるので食べ過ぎ予防にもつながります。
さらに便秘を解消する働きによって代謝も活性化できるので、脂肪を溜めにくく痩せやすい体質への改善効果も期待できます。
だからと言って栄養が偏ったり、甘いものや脂っこいものを食べ過ぎてしまうと効果が半減するので、青汁の活かすためにも栄養バランスの整ったヘルシーな食事を心がけてください。

 

青汁は、毎日継続して飲み続けることで、体の状態や体質が変わっていくのを実感できます。
その実感を早めるには、漠然と飲むのではなく飲むタイミングが重要になるので、自分の目的に合った飲み方で効果を引き出していきましょう。